簡単にお腹痩せを実現するために必要なこと

赤ちゃんのアトピーは治すことはできるもの?

赤ちゃんのアトピーについて

 

 

赤ちゃんのアトピーって治すことはできるのでしょうか?

 

見ているとかわいそうでなりません。かゆそうだけど、掻けない。そもそも引っ掻いてはいけない。
なんだかもどかしいです。

 

 

ちなみに、赤ちゃんのアトピーを治すことは、可能とされています。断言はできませんが、ちゃんとした処置をしていけば完治する場合もあるんですね。

 

 

ちゃんとした処置というのはどういったことをしていけばいいのでしょうか。

 

 

 

 

まずは、アトピーになっているとされる原因を知ることから初めてみるとよいと思います。

 

 

 

 

アトピーになってしまう原因は何でしょう。

 

 

第1に考えられるのは、遺伝によるもの。
そのほか、食べ物や、お家のハウスダスト、また、黄砂なんかも影響しているとされています。
これはお医者さんにかかったときにもいわれることです。

 

 

どこのどういったお医者さんにかかればよいのか、というと、どこでもいいわけではありません。皮膚科であればそれでいい、ということでもないんですね。

 

 

 

 

家族にアトピーがいて、治療してもらっているいいお医者さんがいれば、そこに相談するのが妥当と言えるでしょう。

 

 

 

アトピー専門のお医者さんか、評判のいいお医者さんを探すようにしたいところです。

 

 

 

 

 

赤ちゃんのことを思うとすぐにでも治してあげたいって思うことから、近場の皮膚科や、小児科のお医者さんとかを探してしまいがちですが、それが正しい判断なのかというと、そうでもない場合もあります。

 

 

 

今のうちにちゃんと治療してあげたい、という思いが強いのであれば、若干遠いところにあるお医者さんでもいいと思います。

 

 

 

 

あそこはいつも予約でいっぱいだから、できれば避けたい、という思いはちょっとヨコにおいておきましょう。評判が良いのでとか、親身になって相談に乗ってくれるのでとか、それなりに混んでいる理由はあると思います。

 

 

 

アトピーと言っても、赤ちゃんにみられるアトピーは、正確な名称は、乳児アトピー性皮膚炎といわれています。

 

アトピー性皮膚炎と勘違いしやすいもので、乳児湿疹や乳児脂漏性湿疹というものがあります。これは、産まれてすぐの状態から、生後1,2ヶ月の間くらいに頭、顔にできる湿疹のことをいいます。

 

とくに何かしなければならないことはなく、数ヶ月経過すると、だいたい症状は軽くなるというものがほとんどです。だいたい5ヶ月から1歳になるころには、ほとんど見ることがなくなってきます。
アトピーと比べると、似ているので非常に判断がつきにくいのです。

 

 

 

赤ちゃんのアトピーの場合は、すぐに治る子はなく、上で書いたことを踏まえると、2ヶ月以上つづいたものは、アトピーの可能性はあります。

 

 

アトピーと乳児湿疹は、できる箇所も違っています。
乳児湿疹は、顔や頭に湿疹ができるのですが、アトピー性皮膚炎の場合は、これとは違って、範囲は広く、首や胸、耳たぶにもできます。

 

 

発疹がジュクジュクで、時間が経つとかさぶたになります。

 

 

食べ物は、賛否両論で、意見が別れるところですが、食べ物のアレルギーから来るアトピー性皮膚炎は、ほぼないとされています。

 

 

アトピーは遺伝からくるものかもしれないという話もあります。いろいろな原因が考えられるのですが、両親がアトピー、またはアトピーだったということであれば、子供にも継承されている可能性もゼロではありません。

 

 

赤ちゃんについては、いろいろと心配が重なりますが、実は2歳になるまでにはだいたいが治るものとされています。

 

 

■どうしてアトピーになってしまうのか
昨今、医療の発展が進んでいるとはいえ、アトピーに関して言えば、原因はハッキリとはわかっていないとされています。
上で述べた考えられる原因がある条件によって引き起こされて、発症してしまう可能性も考えられます。

 

●免疫機能
赤ちゃんは、皮膚の免疫機能が低いとされています。保湿成分が皮膚のバリアの役割をしてくれているのですが、保湿が効かない場合などに、バリア機能が低下し、そこから細菌などが入ってきて、感染し、アトピーの悪化の火種となってしまうことも考えられています。

 

 

●アレルゲンの過剰反応
アレルギー反応を起こしやすい体質の赤ちゃんの場合、アレルゲン(抗原)が反応しやすくて、肌に炎症を起こして、結果アトピー性皮膚炎になる可能性が高くなるとされています。

 

 

●アレルギー反応を起こしてしまう食べ物
大人の場合は、食べ物によってアトピーになるということはほぼありません。
反対にあかちゃんの場合、アレルゲンに反応しやすいとされています。特に卵系のものには注意が必要です。
そのほかに、牛乳、ヨーグルト、チーズといった乳製品。豆腐や大豆といった大豆系製品、米、小麦、エビ、鮭といったものが該当していくのですが、種類が多いです。それらは、成長するにつれ、消化器昨日も発達していくので、免疫ができています。早くて3歳、遅くて小学校入学までには、症状がおさまってくるでしょう。

 

●ハウスダスト
ダニとか、ダニの死骸といったハウスダスト系のものもアトピーの原因といわれています。ハウスダストを赤ちゃんが吸ってしまうと、アトピーを発症する場合も考えられます。

 

●ハウスダストと似ていますが、カビも要因の一つです。
皮膚にカビの菌が付着すると、炎症を起こしてしまうこともあります。

 

 

●化学物質による反応
ハウスダストとも似ているのですが、化学物質に対する反応でアトピーが発症されてしまうということもあります。
主に消毒剤や、抗菌グッズ、防腐剤などに含まれているものが該当します。

 

 

 

■治せる?具体的な対策は?
(赤ちゃんの)アトピーと一言で言っても、実は考えられる原因はさまざまでした。症状においても、一つだけではありません。
治療方法は皮膚科などに行ってもらう薬に頼るという選択肢が多くなると思います。
ですが、やっぱり赤ちゃんなので、不安な部分もあるでしょう。そういった部分が不安であれば、赤ちゃんに塗っても大丈夫なものなのかどうか、ということも相談してみると良いでしょう。
お医者さんの説明で納得がいかないようであれば、セカンドオピニオンで別のお医者さんに相談されてみてもいいと思います。
※病院によっては、それを推奨しているところもあります。

 

 

◎予防法としての保湿。
アトピーの予防には、保湿が一番です。乾燥したお肌にはやはり痒みが伴う場合もあります。
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症率が3割下がったという実証付きのクリームがあります。 → こちら